愛され、人としてその子らしく輝いて生きる。

教育・保育理念

すべての子どもが尊ばれ、保護者・保育士・地域に守られながら

豊かに健全に持てる力を出せる子に育つ。

園の目標

大切な時期だからこそ、のびのび発育できる環境を作っています

ヒナ鳥が生まれて初めてみたものを親だと思い込むように、赤ちゃんも3歳までに刻み込まれた思考パターンはそれがポジティブなモノでも、ネガティブなモノでも、それを変えるにはその後10年かけても足りないと言われています。

特定の人と安定した関係性を築くことで形成される「安心感」が人との信頼感の土台を作るのです。
当園の「安心感」を作る取り組みをご紹介します。

ひとりひとりの思いを読み取ります

当たり前の事ですが、赤ちゃんはまだ自分の気持ちや願いを言葉でつたえることが
できません。「おなかは減っていないか」「痛いところはないか」
「お母さんがいなくて不安なのか」同じ要求でも赤ちゃん一人一人サインの出し方は違うのです。
保育士はいつも一緒にいるお母さんより、赤ちゃんのことを注意深く観察して
大切なサインを見逃さないようにしています。

赤ちゃん4

「ふれあい」、「さわる」を大切にしています。

「さわる」ことは、赤ちゃんにとってとても大切なことで、脳の発達や運動を促してくれます。
脳の発育は、身体を動かすことによって作られていくという一説もありますので、
こちらが「さわる」ことによって赤ちゃんも触ろうとしてくるので、赤ちゃんにとって運動となり成長に繋がるのです。

ただ触るだけではなくてより効果のあるベビーマッサージも行いながら保育を進めていく予定です。

ベビーマッサージとは?

「さわる」と似ていますが、肌に直接触れ、刺激を与えて脳の発達を促します。
直接肌に触るので摩擦が起こらないようにオイルやクリームを使って、
温かい手のひらで赤ちゃんを優しくマッサージすることによってリラックスしニコニコ笑顔になります。

赤ちゃん5

ベビーマッサージのすごい効果

ベビーマッサージと「さわる」は似ていますが大きな違いがあります。
それは代謝が良くなることで、皮膚に直接触るので皮脂の分泌が促され感染に対する抵抗力がアップします。
またマッサージの効果でリンパの働きがスムーズになることで老廃物の排出アップ
にも繋がります。代謝が良くなることにより、ストレス軽減にも効果があります。

赤ちゃん6